閉店のおしらせ

2014.12.26(Fri)

約一年ぶりの更新なのですが・・・・。

このたび一身上の都合により、お店を閉店させていただくことになりました

理由は、妊娠&出産です。(今はもうお腹がパンパンで、赤子がいつ生まれてきてもいい状態になっております。)


私は実家が北海道で、近くに親戚等もいるわけではないので、基本的に子どもが生まれたら夫と二人で育てる状態になるのですが、元来器用にいろいろこなせない私は、仕事と子育ての両立は不可能だと思い、お店を閉店する決心をしました。

皆様にご報告が遅れましたこと、心からお詫びいたします。



私は以前一度、流産の経験がありまして、今回も流産したら・・と思うと、なかなかブログに書く決心がつかず、ずるずると報告することを先延ばしにしてしまいました・・・。

出産直前のこの時期になり、ようやくお知らせすることができる気持ちになり、また、閉店するという決断を下すことができました。



今まで、お店に来てくださったみなさま、ブログを読んでくださったみなさま、本当にお世話になりました。心から感謝しております。



これからは、母親として子育てに専念し、子どもが少し大きくなってから、またこのお仕事をさせていただくかどうか、じっくり考えてみたいと思っております。



本当にありがとうございました。

2015年が皆様にとって素敵な年になりますよう、お祈りしております。




スポンサーサイト

楽しむこと♪

2014.01.21(Tue)

久しぶりに字を書いてみました。今日は「楽」という文字。




どんなに毎日やることがたくさんあっても、自分が楽しいことを全くやらないとなると、それはそれで問題がでてくるんですよね。


楽しむことって、自分を可愛がることといっしょですし、自分をよしよししていないと、やっぱり自分自身が拗ねてしまう・・・。


楽しむことは心に栄養をあげること


なので、一日5分でもいいので、自分が楽しいと思えることをやると、自分が枯れません!


人からどう思われようと関係なく、自分が楽しいと思えることならなんでもいい、とにかく少しでも日々の生活の中で楽しいことをやること。


私の場合は、最近はお掃除することが楽しいです!そして、相変わらず楽しいのは読書。これは本当に大好きなので、いつもテーブルの上には3冊くらい本が置いてあります。


空いた時間に好きな本をちょろっと読んで、「へー」とか「ほー」とかいうのが大好きなのです。


逆に、好きなことを後回しにしすぎて、「これが終わってから楽しいことしよう」って頑張っていると、楽しいことをやる時間がなくなってしまったり、やらなきゃいけないことが本当に嫌になってしまいます。


たまには、先に少しでも楽しいことをやってしまってから、やらなきゃいけないことをやるのもおすすめですよ!


そうすると、魂が喜んでいる状態でやらなきゃいけないことをやるので、いつもよりはかどったりします。


でも、自分にとって何が楽しいかわからないわっていう人もいると思うのですが、そういう人はとにかく、ちょっとでも興味があって、やってみようと思うことをかたっぱしからやってみるといいと思います。


一度やり始めたら続けなきゃなんて、思わなくていいんです。飽きたらやめて、また別のことをやればいい。そうやっているうちに、自分が好きなことが少しずつ見えてきます。


そうやって、少しずつ自分の心に栄養をあげていきましょう。


人によってはその好きなことがライフワークになって、お仕事になってバリバリ社会で活躍しちゃったりということもあると思います。


でも、好きなことを仕事にしなくたってべつにいいのです。好きなことを仕事にしなくてもいいのですけど、好きなことや楽しいことをしないと、自分が拗ねてしまうから、やっぱり日常的にやったほうがいい。


楽しいことをすることは、自分を大事にすることといっしょです


日々、楽しいことを少しでもして、やらなきゃいけないことはあまり深く考えずにサクサクやって、軽やかに生活していきたいなーと思ってます☆





大掃除したい!☆

2014.01.16(Thu)

毎日毎日寒いですね!毎日寒くて嫌になるくらいですね!


ホントに寒いので、極力出かけないようにする日々を過ごしているうみこですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


2014年になり、1月ももう半分が経過しておりますが、寒さに震えつつ、でも雪は大好きなので、わりと気分よく過ごしていました。


寒いけれど、外は静かで真っ白で、空気が澄んでいるというこの季節、道産子の私は実はとっても大好きです。


子どものころはよく、近所の山に行ってそりすべりをしたり、かまくらをつくったり、雪だるまをつくったりしていました。


北海道の中でも雪深い地域に住んでいたので、雪があるのがあたりまえだったんです。幼稚園児の頃は雪とか食べちゃったりもしてましたし。


そんな冬真っ盛りになると、毎年毎年、私はあることが無性にやりたくなるのです。



それは「大掃除」です。


12月には全然やりたくならないので、「さらっと大掃除」で年末はごまかしているのですが、1月に入ると無性にやりたくなってしまうんですよ。


きっと私の体内時計は旧暦ベースなんだと思います。2月初頭までに大掃除しておきたいわーという感じなのです。


というわけで、今は掃除本を読み、ちょこちょこと大掃除を進めております。着なくなった服を処分し、読まない本をリサイクルショップに持っていき、普段やっていない換気扇掃除等の作戦を立てる・・・・。


これがやらずにいられないのですよ!やったらきれいになることがわかってるので、めちゃめちゃやりがいがあります。


実際に大掃除をやると、きれいになるだけでなくて、運気が変わるといいますか、人生の流れが変わるのでおもしろいんですよね。


私は大掃除きっかけで、スピリチュアルな世界に足を踏み入れ、いろんな人と出会い、引っ越しをして犬を飼い、自宅サロンを開くという流れになりましたので、大掃除パワーのすごさたるや実感しまくってますので。


ホント、いい流れのほうに運気を変えたい方、大掃除おススメですよ!


今回はどうなることやら、大掃除をやって、そのあと来た流れにスっと乗っかって、2014年も何が起こるのかハラハラドキドキな1年にしたいです☆














今年もよろしくお願いします☆

2014.01.10(Fri)

時の流れは早くて、気が付いたら2014年になっていました・・・。


そして、ものすごーく久しぶりの更新になってしまいました!


年末年始に何をしていたかというと、年末は写真のこやつ、うみたろが胃腸の具合が少し悪くなったために、病院通いをしていまして。ただの胃炎ですので、たいしたことなかったのですが。





年始にはうみたろの体調がよくなったので、うみこはゆっくりしたり、初売りに行ったり。


とかやっていたのですけど、うみたろは大みそかだろうが正月だろうがおかまいなしで、毎朝6時15分までには起きますので、私も夜更かしすることもなく、いつもと同じ生活リズムでした。


その6時15分というのは、うみたろのタイムリミットの時間なのです。なぜならこの時間までにごはんをあげないと、おなかが空きすぎて吐くからです・・・。


というわけで、うみこは22年ぶりくらいで大みそかの日に夜11時に寝るということをしましたよ。行く年来る年を見ない年越し!


寝ていたら年が明けていました。なかなか新鮮です。


今はすっかり体調が元に戻ったうみたろ。私も風邪をひくこともなく、2人そろって元気にしております。


これからまた、少しずつ更新していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします!

闇をただ見つめると・・・②

2013.12.24(Tue)

そんな感じで闇を見続けるということを、見たい時に見て、親との関係性を見直す・・・。


ということをやっていくと、なんで親は私にあんな態度をとり続けることになったのかなと、親の闇が気になってきます。


なぜ私の母は、私に「あれもできない、これもできないのはダメだ。ちゃんとやれる子が好きだ。」という、メッセージを送り続けていたのか?


よくよく考えてみると母の母、祖母のことが思い当ります。


祖母はわりと悲観的な性格で、でもしっかり者で、家族のために身を粉にして働いてきた人です。


だからこそ、家族にもあれやこれやと世話を焼き、先回りしていろんな注意をします。そして、何事もきちんとやらなければ気が済まない性格です。


おそらく母は祖母から、「ちゃんとやれ、なぜできないのか?」と言われ続けて育ったのだと思います。だから、私にも同じメッセージを送っていたのでしょう。無意識に。


そして、きちんとやらなければ済まない性格は祖母と私はいっしょです。こうやって家族の中で、同じパターンが繰り返されていくのですね!こわい!


母は祖母から、安心感をもらうことはできなかったのだと思います。そのままでいいという、丸ごと受け止めてくれるというところまでは、きっといかなかったのでしょう。それは私と同じです。


おそらく、私がこのスパイラルから抜け出さなければ、もし私に自分の子どもが生まれたら、同じように「なぜできないのか?」というメッセージを送り、そしてその子は私の母とそっくりになるのでしょう。


本当の母は、ものすごい愛されキャラで、自分が何をやっていいのかよくわからない、いつも人生の迷子になっているような人なのです。


本来であれば、人生や世界に対して、常にコントロールしなければ何もかもうまくいかなくなってしまう、不幸になってしまうと、思い込んで辛くなっている祖母にバランスをもたらすために、真逆の愛され天然キャラで生まれてきたのです。


世界も人生もそんなに怖いところじゃないと、教えるために母は祖母のもとに生まれてきたのです。


だけど、祖母はそのチャンスをうまく活かせなかったのでしょう。そして母は、子育てをするときには全く祖母と同じ行動をとってしまったのだと思います。子どもに対しては、その接し方しか知らなかったでしょうしね。


そして私も全く祖母と同じ、何もかもコントロールしないと世界も人生も崩壊してしまうと思っている、祖母と同じタイプの人間になり・・・・。


こうやって何度も同じパターンを何代にもわたって続けていってしまう。


おそらく、わたしがこのパターンから抜け出さないと、もし私が子どもに恵まれたとき、その子は母と同じで愛されキャラ&人生の迷子タイプで生まれてくると思います。


それは、もちろん先述したように、「世界も人生もなにもかもコントロールしなくても、ちゃんと先回りしてやらなくても大丈夫だよ!だからバランスをとって!」ということを、その子が私に身をもって伝えるためです。


子どもは親にバランスをもたらすために、その役割をやってくれるのです。


それはもちろん、みんな同じです。みんな誰かの子どもなわけですから。


こういう過程を経て、私の闇の部分は家族関係によって強化されたものだったのだとわかったわけですが、それと同時にこの闇の部分は私の長所をも育んでくれていたことも、同時にわかりました。


常に自分を律して、母の気分を先回りして感じている日常だったからこそ、人の気持ちを察して和ませることが強化され、長所になりました。


気持ちを察するために、常に冷静に客観的に全体を見て行動するということをやり続けていたからこそ、今でもどんなことにも動じず、冷静でいることができている・・・というふうに、これも私の長所です。


家族関係で悩んだり、辛かったりしたこともたくさんあったけど、この家族に生まれたからこそ、私はこういう長所を持つことができました。



この家族に生まれて育ってきたからこそ、今の私があります。そしてそれは、おそらく私が生まれる前から「こういう能力を伸ばしたい!」と私のハイヤーセルフが望んで、その能力を伸ばすために今の家族を選んで生まれ育ったのだと思います。


こう考えると、やっぱり親や兄弟には感謝しかありません。


闇に向き合うのはしんどいし逃げたくなるけど、ガチで見つめて、自分に嘘をつかずごまかさず、湧き上がってくる感情は抑えずに出し切って、自分の愚かさや小ささ、性格の悪さを見つめ続けていると、自分を許せるときがきます。


自分を許せると、ほかの人も許せる。ほかの人の感情や境遇を想像してみる余裕が出てくる。そうなるとかなり癒しが進んでいます。あともう一歩です。


というように、一歩一歩地を這いつくばりながら、闇に向き合った日々でしたが、家族もいい感じになっていましたし、自分も楽になったので、やっぱりやってよかったと思います。


そしてこれからも、バランスをとりながら、見たいときは自分の感情を見つめまくって、感情を味わいつくし、気長に自分を許せるときがくるのを待ちたいと思っています☆













プロフィール

うみこ

Author:うみこ
青森県おいらせ町在住の30代主婦。
2013年6月にメロディー♪クリスタルヒーラーレベル1&レベル2修了。
2013年9月23日からクリスタルヒーリングサロン♪水の音色♪をオープン。

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。